MAISON PAULE KA

30年以上の歴史と共に、そのファッションとパリジャンシック

気品あるパリのクチュールにインスパイアされ、60年代やその時代のアイコンを愛するセルジュ・カシュファンジェにより創立された<ポール カ>。

第1号店を1988年にパリのマーラー通りに出店して以来、<ポール カ>は品性ある女性に向けデイウェアからイヴニングウェアまでを取り揃える、洗練されたReady-to-wearブランドとしての地位を確立しました。

<ポール カ>のファッションは、「手の届くモダンクチュール感のある本物のラグジュアリー」という唯一無二のものです。美しいプロダクト、上質な生地、細部にまでこだわる繊細な仕上げ、そしてフェミニンなルックを次々と送り出しています。

その存在が受け入れられ、短期で<ポール カ>はインターナショナルブランドとして急成長しました。パリ、ロンドン、ニューヨーク、東京、香港、ドバイ、そしてファッションの中心地であるサントノーレ通りのパリ旗艦店とアトリエなど、全世界で90店舗と320の販売拠点を構えています。

PARISIAN COUTURE

急速に進む現代の生活のなかで、ポールカは改めてパリクチュールのレガシーをこれまで以上に称えることを目指しています。

インハウスアトリエの技術的な専門知識の活用のみならず、デザインへのアプローチにおいては、ポールカならではの伝統的な技術を基盤とし、新しいボリューム、最新のファブリック、そして革新的な技術を取り入れ、あらゆる女性の現代的なワードローブを創り出します。

ファブリックやカット、パンツの裾の幅まで、あらゆるディテールは完璧に計算し尽くされて製作されます。 年間の4つのコレクションを創り出すために、ポールカのアトリエ独自の知識や技術が、自然でシンプルなクチュールを支えています。

ポールカのアトリエ(館)全体にしみこむ今までのノウハウを駆使し、フェミニンなパリジャンエレガンスはよみがえり、女性の人生のあらゆる場面を彩るワードローブを創り出すべく、ポールカのブランドコードを再定義しているのです。

STORY

1988

1988年にセルジュ・カシュファンジェにより設立された<ポール カ>。1950年代・60年代の優雅なスタイルにインスパイアされた、ジャクリン・ケネディやオードリー・ヘプバーン、グレース・ケリーなどのファッションアイコンを彷彿とさせるタイムレスでエレガントなワードローブに、モダンなツイストを加えたスタイルを打ち出した。

<ポール カ>のスタイルといえば、幾何学的かつシンプルで、洗練された現代的な要素を併せ持つデザインが特徴。また、理想的なリトルブラックドレスや、ディテールと素材使いが特徴のハンドバッグなどの必需品も揃う。自然に匂い立つ魅力に溢れ、その気品に満ちた現代的なシルエットによってさまざまな顧客の支持を集めて来た。

2007

2007年より、ファッションハウス<ポール カ>はサントノーレ通りの223番地に店を構え、その後、中国やヨーロッパ各地にも数々のブティックをオープン。さらにニューヨークのフラッグシップストアやショールームへの展開も開始しグローバルな発展を続けている。

2018

今日における<ポール カ>は、37ヶ国に展開しており、320の直販店、90のブティックやインショップを販売拠点に持っています。2017年からはグザビエ・マリーが所有する企業、マルコポーロの傘下で成長を遂げています。